2013年04月26日

録画してみる視聴率がどの程度意味を持っているのか



正確な視聴率

テレビドラマ等は特にそうなのですが、視聴率が〇〇%で非常に人気のある番組だとかよくニュースになっていますが、実際には最近では録画してみる人が多いので、この数字がどの程度意味を持っているのかというニュースも時々見受けられます。

確かにさらっと見るような感じの番組だったならば、わざわざ録画しないで半分気長しながら観るような番組もありますし、それとは反対にじっくりとみたい場合にわざと録画してみるようなケースもあります。

後者の場合では連続したストーリーを追いたい連続テレビドラマとかが当てはまるかもしれませんが、最近では10%前後の視聴率のテレビドラマが非常に多くなってきました。

そこでこの数字はもっと多いのではないかということが説明されていることがありますが、実際に録画されて見られるような番組ですとテレビCM等は飛ばして見ることが多いので、テレビ番組のスポンサーが一番知りたい視聴率とはかけ離れているかもしれません。

民放のテレビ番組では、スポンサーがいて初めてそのテレビ番組の制作ができますので、視聴者とスポンサーがお互いにプラスになるような方法があれば問題なくなることでしょう。



Posted by pipeu44 at 16:30